廣部剛司建築研究所

HOME > Works > house > 黒箱-渋谷H

shibuya-h-01.jpg

shibuya-h-01.jpg
東京都渋谷区の住宅地
変形した難しい旗竿敷地に建つ住宅

道路側は寡黙な表情

地下1階、地上2階

中庭住宅(コートハウス)

音楽練習スタジオ

shibuya-h-02.jpg

shibuya-h-02.jpg
第2の玄関を入ると階段室

地窓からは池の揺らぎが入ってくる。行く先の光が期待感を高める

階下は音楽練習スタジオ

shibuya-h-03.jpg

shibuya-h-03.jpg
スチールで製作された手摺

shibuya-h-05.jpg

shibuya-h-05.jpg
階段室を抜けると一気に2層吹き抜けのサッシュと中庭が目に飛び込んでくる

shibuya-h-04.jpg

shibuya-h-04.jpg

shibuya-h-06.jpg

shibuya-h-06.jpg
3本の鉄骨で組み合わされた柱

shibuya-h-07.jpg

shibuya-h-07.jpg

shibuya-h-08.jpg

shibuya-h-08.jpg

shibuya-h-09.jpg

shibuya-h-09.jpg

shibuya-h-10.jpg

shibuya-h-10.jpg
左にタタミコーナー

shibuya-h-11.jpg

shibuya-h-11.jpg

shibuya-h-12.jpg

shibuya-h-12.jpg
左の格子扉は犬小屋

shibuya-h-13.jpg

shibuya-h-13.jpg
薪ストーブはオリジナルデザイン

shibuya-h-14.jpg

shibuya-h-14.jpg
片持ちで支持された階段

shibuya-h-15.jpg

shibuya-h-15.jpg
上部のステンドグラスから黄色い光がもれてくる

shibuya-h-16.jpg

shibuya-h-16.jpg
2階 書斎

shibuya-h-17.jpg

shibuya-h-17.jpg

shibuya-h-18.jpg

shibuya-h-18.jpg

shibuya-h-19.jpg

shibuya-h-19.jpg

shibuya-h-20.jpg

shibuya-h-20.jpg

shibuya-h-21.jpg

shibuya-h-21.jpg

shibuya-h-22.jpg

shibuya-h-22.jpg

shibuya-h-23.jpg

shibuya-h-23.jpg

写真をクリックすると拡大します



shibuya-h-skt-1.jpg

shibuya-h-skt-1.jpg
模型写真

shibuya-h-skt-2.jpg

shibuya-h-skt-2.jpg
模型写真 1/50

shibuya-h-skt2-1.jpg

shibuya-h-skt2-1.jpg
スケッチ

shibuya-h-skt2-2.jpg

shibuya-h-skt2-2.jpg
スケッチ

shibuya-h-skt2-3.jpg

shibuya-h-skt2-3.jpg
CG

写真をクリックすると拡大します




内包された柔らかな生活

それは、「茶畑の家」が竣工する直前のことだった。LVLという木を積層してパネル化した部材で構成した特殊工法のこの家は、素材の特質ゆえに、外部にその構造をそのまま曝すことが出来なかった。そこで、断熱材と一体になった薄い金属の皮膜で覆ったのだが、その時、剥き出しのLVLで構成された空間は突如として守られた柔らかい領域へと変化を遂げた。

渋谷区の住宅街に位置するこの「黒箱-渋谷H」の空間を性格づける出来事は、この時すでに起こっていたのだと思う。厳しい敷地の南側に大らかな中庭を取ることによって、占有された外部空間を内部と連続的に使うという方針は、初めて敷地を訪れたときから私の中では一貫している。しかし、そのあと数多くのデザイン上キーとなるポイントの判断は、黒い皮膜の中に如何に<柔らかな空間を内包するか>その1点に収束していくことになった。それゆえ、木造の架構は意図して美しいと感じる部分を露出させ、内部の生活を見守る建築の各部分も、内部で行われるであろう生活を想像しながら、それが自然に馴染むよう一つ一つ決められていった。その部分のバランスこそが、時間をかけてデザインした最大の部分であるといってもいい。

 住宅地であるとはいっても、都心。テンションの高い街から生活空間へ如何にして気持ちを切り替えるか、それもこの家で特に気に掛けたことである。収納スペースを確保することと、犬を迎え入れることが前提としてあったので、その為の「路地」を玄関から中庭に向けてつくった。しかし、そこから中庭に直接出るのは、犬の散歩帰りだけである。
引き戸を開けて第二の玄関を入ると、上からステンドグラス越しに洩れる黄色く柔らかな光。そして、低めに設けた地窓からは池の揺らぎが仄かに中庭の存在を示唆する。その突き当たりを抜けた先に、突如として2層吹き抜けの大きなガラス面と中庭が目に飛び込んでくる。この距離感を生活と両立させながら生み出すこと、そして、その黄色い光の階段室空間で、上下階の公私感を隔て、繋げること。それらすべてが、「私達は外で生活がしたいのです」と言われたクライアントの生活空間を支えている。

廣部剛司



建築概要
名称  :黒箱-渋谷H
所在地 :東京都渋谷区
主要用途:専用住宅
主体構造:木造 一部RC造(地下)
規模  :地下1階 地上2階
敷地面積:132.87m2(40.19坪)
建築面積: 53.33m2(16.2坪)
延床面積:126.58m2(38.4坪)
竣工  :2006年3月

構造設計:エスフォルム/大内彰
施工  :株式会社 sobi