廣部剛司建築研究所

HOME > Works > house > 浜田山の家

hamadayama-01.jpg

hamadayama-01.jpg
東京都杉並区

南の空に向けて「開く」

中庭住宅(コートハウス)

主体構造:木造

hamadayama-02.jpg

hamadayama-02.jpg
玄関を入ると

正面に黄色いガラスブロックからの光

hamadayama-03.jpg

hamadayama-03.jpg
階段上部からトップライトの光

曲面壁は和室の床の間になっている

hamadayama-04.jpg

hamadayama-04.jpg
玄関ホールから坪庭方向

奥行きの長い敷地特性を生かして、距離感を感じるようにしている

突き当たりの坪庭まで視線が抜ける

hamadayama-05.jpg

hamadayama-05.jpg
左の穴あき壁(構造上の耐力壁)から生活空間の気配が伝わる

正面は書斎のスペース

hamadayama-06.jpg

hamadayama-06.jpg
低めに設定された開口部から中庭の様子がみえる

hamadayama-07.jpg

hamadayama-07.jpg
地窓のあるスペースからキッチン、玄関方向

左の突き当たりは和室越しに外部がみえている

hamadayama-08.jpg

hamadayama-08.jpg
あかりを感じる場所と

落ち着いていられる場所

ダイニングチェアはウェグナーのYチェア

hamadayama-09.jpg

hamadayama-09.jpg
キッチンより中庭越しにリビング

適度な陰翳が「居場所」をつくる

hamadayama-10.jpg

hamadayama-10.jpg
平屋の大きな空間であるリビングへ

hamadayama-11.jpg

hamadayama-11.jpg
リビング

屋根の勾配は冬至の太陽高度にあわせている

それにより、陽光がほしい季節に部屋にも中庭にも光が降り注ぐ

壁の照明器具はオリジナルデザイン(詳細

hamadayama-12.jpg

hamadayama-12.jpg
リビングより中庭

hamadayama-13.jpg

hamadayama-13.jpg
南の空と植裁に開かれた大きな空間

右上の開口は換気用の電動オーニング窓

hamadayama-14.jpg

hamadayama-14.jpg
竹の見える開口部は坪庭に面している

フレームを消去する

hamadayama-15.jpg

hamadayama-15.jpg
穴のパターンは耐力壁として必要な強度を確保できるように決められている

hamadayama-16.jpg

hamadayama-16.jpg
書斎スペース

坪庭に面しており、集中したいときは建具により個室化することができる

hamadayama-17.jpg

hamadayama-17.jpg
和室

壁から天井に和紙が貼られている

窓を全開すると内外が曖昧に

hamadayama-18.jpg

hamadayama-18.jpg
床の間の奥にスリット窓

上部のルーバーはエアコンと通気のために設けられている

hamadayama-19.jpg

hamadayama-19.jpg
扉を開けるとつきあたりの坪庭まで視線が抜ける

hamadayama-20.jpg

hamadayama-20.jpg
階段室

3つのトップライトからの光が変化していく

手摺は構造用合板に機械加工で穴のパターンを入れている

hamadayama-21.jpg

hamadayama-21.jpg
正面の扉は水廻りへ通じる

hamadayama-22.jpg

hamadayama-22.jpg
階段室から寝室方向

右の書棚は家の中の図書館的な役割をもつ

hamadayama-23.jpg

hamadayama-23.jpg
坪庭に面した浴室

露天風呂が日常にある感覚

浴室の建具には敷地にかつて生えていた樹木が使用されている

hamadayama-24.jpg

hamadayama-24.jpg
日常的に露天風呂の気分を味わう

hamadayama-25.jpg

hamadayama-25.jpg
寝室

高窓からは星空を楽しむことができる

hamadayama-26.jpg

hamadayama-26.jpg
外部を通して繋がる

距離感の操作

hamadayama-27.jpg

hamadayama-27.jpg
夜になると陰翳が逆転する

hamadayama-28.jpg

hamadayama-28.jpg
穴あきの耐力壁からは夕方にトップライトからの黄色い光

空気や音、気配の伝わる耐力壁

hamadayama-29.jpg

hamadayama-29.jpg
天井を照らし

柔らかな明るさを得る

hamadayama-30.jpg

hamadayama-30.jpg
中庭にはスポットライト

様々な陰翳が折り重なる

写真をクリックすると拡大します



hamadayama-skt-01.jpg

hamadayama-skt-01.jpg
スケッチ

hamadayama-skt-02.jpg

hamadayama-skt-02.jpg
スケッチ

hamadayama-skt-03.jpg

hamadayama-skt-03.jpg
スケッチ

hamadayama-skt-04.jpg

hamadayama-skt-04.jpg
スケッチ

hamadayama-skt-05.jpg

hamadayama-skt-05.jpg
スケッチ

hamadayama-skt-06.jpg

hamadayama-skt-06.jpg
スケッチ

hamadayama-skt-07.jpg

hamadayama-skt-07.jpg
スケッチ

hamadayama-skt-08.jpg

hamadayama-skt-08.jpg
スケッチ

hamadayama-skt-09.jpg

hamadayama-skt-09.jpg
スケッチ

hamadayama-skt-10.jpg

hamadayama-skt-10.jpg
CG

hamadayama-skt-11.jpg

hamadayama-skt-11.jpg
CG

写真をクリックすると拡大します




陰翳の深さがもたらすもの

 一年を通じて、射し込む光の高さを変えていく太陽の光。それは夏至に最大の高さから射し込み、冬至に最も低い角度へと変化していく。日本の古建築が持つ軒の深さはそんな四季の変遷をうまく建築に取り込むためにも(特に夏の日差しを遮るために)、長い時間をかけて生み出されたものだ。この住宅の敷地に立ったときに、思い起こしたのはそういった建築の成り立ちに立ち戻るような感覚だった。
 南北に細長い敷地は、北側に道路があり東西方向は隣家に囲まれていた。しかし、大きな低層マンションの駐車場に面する南面が唯一「空の高い」場所としてあった。最初に考えたのはこの「空」を建築に取り込みたいと言うこと。そして南北に奥行きが深い敷地の北側エリアにも南面の光を導けないだろうか、という思いだった。
 空の広い南側に平屋のリビングを配置して、その屋根勾配を冬至の太陽高度に合わせた。これによってリビングの高窓から日差しのほしい冬の時期には最大の陽光が射し込むことになった。同時に、その屋根の上から注ぐ陽光を受け止めるために中庭を配した。その光は中庭に面しているダイニングや2階の子供室にあかりとぬくもりを届けてくれ、外で食事をしたいというクライアントの希望にも合致した。
 もう一つの特性である敷地の細長さについて考えていたときに手がかりとなったのも実は「光」だった。奥行きのある敷地を感じさせるために、廊下と階段のスペースから両端にある和室、書斎までを1つの長い視線でつないだ。その先に坪庭などを設けることで視線の先が「外の光」となるように計画している。長い距離を「楽しむ」ためには<抜け>の感覚が必要だと思うからだ。
人が<光>を感じるときに、大きなポイントとなるのは対となる<陰翳>のありかただ。それらを「1」「0」という二進法的に操作すれば強烈なコントラストと緊張感を生み出すし、その変化が緩やかになっていくほど両者はグラデーションで繋がっていく。少なくともこのとき、光に対する私の興味は後者のグラデーション的な操作に集中していた。直接の光、反射・回折する光が、日の出から日没までの間に起こす変化。晴天、雨、曇天、雪など天候による変化。そして最初に述べた季節による変化。それら複数のパラメーターが組み合わさることから、1日として同じ光というのは存在しない。限りなく変奏を続けている光を、受け止める建築のあらゆる要素を用いて操作し、住む人がより感じやすいようにしていくこと。それはこの住宅の設計をすすめる中で、常に判断の基準となっていたポイントだった。階段室上部から降り注ぐトップライトの光も、構造耐力壁としての性能を持ちながら、たくさんの「穴」を開けた合板の壁も、中庭やリビングへと導く序章としてあえて低く設定した地窓も、そういった意志から決めていったエレメントだ。
 きめの細かい陰翳の操作が生活空間にもたらすものは何か?
それは結局のところ「その空間が安心していられる居場所になっている」ということ、また住まう人が変化を続ける地球の「一部」として存在している、ということを感じられることではないかと思えるのだ。

(廣部剛司)



建築概要
名称  :浜田山の家
所在地 :東京都杉並区
主要用途:専用住宅
主体構造:木造
規模  :地上2階
敷地面積:160.83m2  
建築面積:74.12m2  
延床面積:125.58m2  
竣工  :2008年8月

構造設計:エスフォルム/大内彰
施工  :宗建築